株式会社テムスケミカル

カビの事ならお任せ!環境にやさしい、特殊洗浄剤メーカー テムスケミカル

カビとは

カビの特徴と生体

  • カビの体は菌核と菌糸、それらを包む隔壁で形成されています。
  • 成長するにしたがって菌糸上に胞子を形成します。
  • 菌糸の細胞膜は、ほとんど透明の薄い膜ですが、老化(成長)するにつれて肥厚し色調も淡黄色になってきます。
  • その上に形成された胞子が発色し、さまざまな色が見えるようになります。
  • 胞子は、空気中を漂い至る処に定着し繁殖を繰り返していきます。

カビの育成条件

①適度な温度
②70%以上の温度
③少量の酸素
④弱酸性域pH4~6
⑤栄養源(有機物全般)

MOS工法はこういったカビをはじめ、
その他微生物、ノロウイルスにも絶大な効果があります。

第3者機関データ

建物にはびこるカビの実態

人為的なカビの発生木造家屋からコンクリートのマンションへと住宅状況が変わり、カビの発生に好適な環境を作っています。
生活様式の変化プライベート重視の環境で、各部屋の空間が狭くなり空気の流通が悪くなっており、また、エアコンの普及で年中温度が変わらず、カビの好条件の生息地となっています。
安易なカビ取りによるカビの活性化カビ取り剤で全てが解決すると思い込んでいる消費者が、カビの活性化を招いていると云う事実。防カビと除カビを混同していることにも問題があります。
自然環境破壊による土中菌の発生山林地など大規模開発工事による宅地造成で、土中にあったカビ菌を引き出してしまい、自然環境が破壊されたツケが、人間社会に回って来ています。

カビと病気

カビと病気との関係カビが原因となる病気は真菌症と呼ばれ、人間の表面に発生するものと、内蔵に深く侵入するものとがあります。
空気中に浮遊するカビ胞子を外気から吸い込んで病気を発症。最悪、死にいたるほどの病気を引き起こします。
カビが原因で起こる病気・・・
真菌症
真菌症…表在性真菌症と深在性真菌症があります。
アレルギー症候群・気管支真菌症・過敏性肺臓炎・発癌物質・アトピー性皮膚炎・鼻炎・肺炎・血液病・肝臓病・腎臓病・他

ページトップへ

Menu